2018年9月17日月曜日

薪の樹種を選びません。丈夫ナ身体ヲ持チ。

丈夫ナ身体ヲ持チ、イツモ静カニ燃ヘテイル。

力強ク暖カク。

寒ガラナクテモ良イカラ、元気二冬ヲ過ゴシマセウ。

パシフィックエナジー社 オルダリーT5 
(マジョリカブラウン)


2018年9月12日水曜日

岩手の薪ストーブ屋・木質バイオマスを学ぶ

真剣に....

森を想い

勉強してきました。

つづきます...

尊敬する師曰く、「森は逃げないから....
じっくりいきましょう」と。




















































夜帰宅してから炭を熾して ホッと一息つきました。
尊敬する師匠曰く、「森を想うことは 足るを知ること也」と。


2018年9月7日金曜日

薪ストーブとダイベストメント!??

北欧の歴史ある老舗薪ストーブメーカー(J社)様の

メンテナンスをしながら...ふと

この会社の生産工場の使用電力は100%水力発電によります。
..を思い出しました。















ダイベストメント.....

日本も気づき追いつかなければいけないのではと 感じた。




















オフグリッド&自給自足は夢だけで終わるのかな?
1歩でも近づきたいと思うのだけれど。
世界には憲法で原子力発電を禁止している国もあります。











そろそろ冬のイメージ高めてまいりましょう!!















2018年9月6日木曜日

ペレットストーブの設置

September

青紫ではなく薄いピンク系のリンドウもあります。

秋の始まりですね。♪


















新婦入場です。♡♪ ?


















ハイ!  末永く宜しくお願いいたします。
イタリアから嫁ぎました。
PIAZZETTA P958 ビアンコ(白)です。
芸術陶芸、マジョリカ焼の白い陶器外装がステキです。
これがまた重いんですよね。ずっしりと。



















マルチフォーコ(暖気)対応です。
1階ホールと、和室へと暖気が送られます。
今年の冬が楽しみですね。


2018年9月4日火曜日

薪ストーブの燃料・薪づくりと里山保全活動

秋の気配となってきました。

多発する台風の影響は少ないことを祈ります。


さて、
6年目になりますが、市内の里山・森林整備保全活動を通じて

薪ストーブユーザーさんの協力もいただき、下草刈りから始まり

間伐や除伐施業をして薪づくりと薪利用を普及しております。

↓こちらは早春時期の雑木林の様子です。




























国際的に国と国との都合や関係性で、石油等エネルギーの流通が左右され
価格も大きく変動する時代です。
住む地域でエネルギー自給ができれば一番いいんですけど..と


先般土曜日
里山保全の会ボランティア活動 おっさんガンバル隊!は
汗だくになって下草刈り施業をしたのでした。
ランチタイムに 有名なアコーディオン奏者が遊びに来てくださいました。
とっても、ボンジュール ボンソワーなステキな里山保全施業の休憩時間。
焼肉は北海道エゾ鹿のロースを美味しくいただきました。♪
エゾ鹿肉のロース とてつもなく美味でした。ホントに。














アコーディオン アーティスト
肥田葉子さま
東京お生まれで、現在は北上市に移住され
活動なさっています。




2018年9月1日土曜日

薪(樹種)を選びません

9月です!

ちょっと雨が続いた8月末でした。☂☂

岩手はまもなく薪ストーブシーズンになります。

里山の森の再生保全活動も施業が盛んです。

有り余る杉や松やカラマツなどの針葉樹を薪にして

使いたいという御希望も多いです。

(樫やクヌギやナラだけが薪という呪縛を解きましょう)♪

もともと針葉樹を焚いてはいけないという薪ストーブはありません。

が、金属組成や燃焼炉内構造的に耐久性差異があることは事実です。

楢やクヌギの広葉樹はもちろん

杉松などの針葉樹もしっかりと焚き込みできる機種として

クラッシックスタイルで使い勝手もよくて、炉内構造も同様の堅牢な

カナダ大手メーカー パシフィックエナジー社のオルダリーTシリーズも

お勧めいたしております。♪

比較的小型・中型の機種もそろえて様々なライフスタイルにお応えします。
(T4・T5・T6の3サイズがあります)















































また、こちらも同様の堅牢構造です。
ベルギーのネスターマーティン社の薪ストーブもお勧めです。
















洗練されたシンプルなヨーロピアンデザインと

優れた素材・燃焼工学に基づく

炉内構造(WOODBOX多次燃焼方式)、使い勝手や

メンテナンス性に優れた優秀なストーブです。

宜しくお願いいたします。















一気に高温になりがちな針葉樹でも

炉内燃焼空気経路の作用により

600度前後に安定維持される

炉内構造と素材仕様です。♡

窯を痛めにくい構造です。




オプションで背面から直出しで煙突を接続することにより
天板の有効活用もできます。♪

























身近に利用できる森林資源(薪)を利用できる
薪ストーブ、ぜひ1家に1台! 
お勧めいたします!